横書きか縦書きか

多くの名刺が、今は横書きになっています。その理由はいくつかあるのですが、メールアドレスやWEBサイトのURLなどが書きやすく、見やすいことなども挙げられます。また、電話番号やファックス番号が書きやすいのも、やはり横書きタイプの名刺です。しかしながら、もちろん必ずしも横書きにする必要はありませんので、よく考えてよいと思う書き方をしてください。

また、名刺をお渡しした際に願うことは、自分や自分の会社を覚えてもらうことではないでしょうか。それが目的の場合、オススメしたいのが自分の写真やイラストなどを入れる方法です。こうすることで、相手の記憶に残りやすくなります。また、もしコープレートカラーがあるなら、是非それを名刺に中に取り入れてみましょう。これもまた、相手に覚えてもらうためのコツです。コーポレートカラーがない場合は、自社の取り扱っているものやサービスにあったカラーを用いてみるのがオススメです。

何より誠実さを伝えたい場合は「ブルー」を。エネルギーと情熱を伝えたいなら「赤」。癒しとリラックスを伝えたい場合は「グリーン」も良いでしょう。清潔感を伝えたい場合は、「白色」。このように、色を使ってイメージを作ることもできます。